ABOUT US NOLNOについて

男女の境界がないファッション。性別の固定観念に囚われない中世的な世界観。古き良き時代の衣服から生まれるインスピレーション。デザイン性、機能性を現代という名のフィルターにかける。
デザイナーは、土屋教之。パタンナーとしてイッセイミヤケ、トゥモローランドを経て、外注パターン会社を設立。コレクションブランド、大手セレクトショップ、アウトドアブランドと幅広いテイストに柔軟に対応する中で自分らしい物作りとは何かを考える。外注パターン会社を続けながら、自身の表現の場として2020春夏からNOLNO(ノルノ)をスタート。
メンズ服であり、レディース服でもある新しい価値観の服を是非ご覧下さい。

パタンナーが作る<br />
ユニセックスブランド<br />

FEATURE

パタンナーが作る
ユニセックスブランド

性別の固定観念に囚われない中世的な世界観をパターン(型紙)という観点からアプローチ。
パターン(型紙)はメンズとレディースでは、考え方も違えばアプローチの仕方も違います。流行を追った型紙操作は、一昔前はNGの操作だったり。NOLNOのパターンは確かな技術の中に柔軟性を持った自由な設計。
スタンダードなアイテムにちょっと変わったシルエットでエッセンスを加える。シンプルなアイテムなのに人の目を惹き付ける魅力がある。
異性で服を着回せる新しいライフスタイルブランドです。

高揚感のある「モノ作り」を<br />

FEATURE

高揚感のある「モノ作り」を

学生時代、バイトでお金を貯めてHELMUT LANGのコートを買った。あの時の高揚感は20年経った今も忘れない・・・。
数年前にファストファッションが流行って以降、どれも同じようなデザイン。安価な物作り。薄利多売のファッション業界。大量の在庫。そして、服に価値が感じられなくなった。
服は本来ワクワクするものだと思う。
「このシャツかっこよくない?」
「このパンツ可愛くない?」
周りの視線を浴びたいし、服が自分を素敵に見せてくれる。
私はそんな服を作りたい。

服の価値を落とさない為に<br />

FEATURE

服の価値を落とさない為に

昨今、シーズンが終わると一斉に始まるSALE。プロパー(正規)価格の時期よりSALEの時期が長いようにも思えるファッション業界。
「シーズンが終わると服の価値は下がるの?」
「SALEをするのがルールなの?」
そんな業界の普通に疑問を抱えて数年。プロパー(正規)価格で買った商品がSALEにかかっているとなんだか悲しく、損した気分になる。
そんな思いを買って下さったお客様にさせたくない。
NOLNOの商品はシーズンに縛られず、最後の一着まで大切に売ります。SALEをしません。
服の価値が永遠に色褪せないように・・・。

会社名
株式会社アンドライン
店舗名
NOLNO
住所
〒150-0001
東京都 渋谷区神宮前2-16-20 JinguMaeFlat 1B号室
電話番号
03-6455-5267
営業時間
土日祝を除く11:00~18:00
メールアドレス
info@nolno.co.jp